Spring Boot と Spring Framework の IoC コンテナについて の編集履歴

nishikawa が 2017-04-08 00:15 に編集

--- Ver.2	2017-03-25 16:37:14+09:00
+++ Ver.3	2017-04-08 00:15:46+09:00
@@ -135,10 +135,12 @@
         Process p = null;
         try {
             p = pb.start();
+            String text;
+            try (BufferedReader br = new BufferedReader(new InputStreamReader(p.getInputStream()))) {
+                text = br.lines().collect(Collectors.joining("\n"));
+            }
             p.waitFor();
-            try (BufferedReader br = new BufferedReader(new InputStreamReader(p.getInputStream()))) {
-                return br.lines().collect(Collectors.joining("\n"));
-            }
+            return text;
         }
         catch (IOException | InterruptedException e) {
             return "MOU DAMEPO";

nishikawa が 2017-03-25 16:37 に編集

--- Ver.1	2017-03-25 11:38:11+09:00
+++ Ver.2	2017-03-25 16:37:14+09:00
@@ -746,7 +746,7 @@
 
 アプリケーション開発でこの仕組みを直接使うことはないかもしれないが、このような仕組みの存在を覚えておくと、Spring がどのようにして魔法のような機能を実現しているか、なんとなく想像できる。例えば AOP なら、メソッドの引数で受け取ったオブジェクトの Proxy を返すように実装すれば、実現できそうである (実際そうなっているかはさておき)。
 
-かんたんな実装例として [org.springframework.validation.beanvalidation.BeanValidationPostProcessor](http://docs.spring.io/spring/docs/4.3.7.RELEASE/javadoc-api/org/springframework/validation/beanvalidation/BeanValidationPostProcessor.html) がある。Bean の構築後に、Bean についている javax.validation (JSR-303) のアノテーションに基づいて Validation を行っている。Validation に失敗した場合には Bean の生成/初期化に失敗したものとして、IoC コンテナを終了させる。
+かんたんな実装例として [org.springframework.validation.beanvalidation.BeanValidationPostProcessor](http://docs.spring.io/spring/docs/4.3.7.RELEASE/javadoc-api/org/springframework/validation/beanvalidation/BeanValidationPostProcessor.html) がある。Bean の構築後に、Bean についている javax.validation (JSR-303) のアノテーションに基づいて Validation を行っている。Validation に失敗した場合には Bean の生成/初期化に失敗したものとして例外を投げる。
 
 # Spring Boot のソースを読む #
 

nishikawa が 2017-03-25 11:38 に投稿